ページビューの合計

2016年11月24日木曜日

標準ディスカッションテンプレートをカスタマイズしてみる。

皆様、こんにちは!!

今回はメニューやフレームをと記載しましたが、ちょうど社内で使用しているアプリケーションのカスタマイズ案件が入りましたので、こちらを先に掲載させて頂きます。

今回の案件としては、R9の標準ディスカッションテンプレート「StdR9Discussion/ja」に進捗という項目を追加し、進捗別のビューも加えるというものです。

まず対象となるアプリケーションをデザイナーで開きます。
そのまま要素を開こうとすると、下記のようなダイアログが表示され、設計がテンプレートから継承されていることがわかります。
まずこの継承を外す必要があります。



アプリケーションのプロパティを開き([ファイル]-[アプリケーション]-[プロパティ]もしくはナビゲータ内、[アプリケーション構成]-[アプリケーションのプロパティ])、設計タブを開きます。

「設計のプロパティ」の「継承」にある
「テンプレートから設計を引き継ぐ」のチェックを外しプロパティ画面を変更を保存して終了します。



以上でこのアプリケーションはテンプレートを継承しなくなり、自由に設計を変更することができるようになります。

それではまずはフォームを修正します。
フォーム「メイントピック」を開きます。
今回は「カテゴリ」の下に「進捗」という項目を追加します。



カテゴリ行にカーソルがある状態で、[表]-[行の追加]をクリックします。
続いて左の列にタイトルである「進捗:」と入力し、右の列に「status」というダイアログフィールドを作成します。



続いてフィールドの選択肢ですが、今回は進捗ということで、以下を設定しました。
 1. 発案
 2. 検討中
 3. 実施
 4. 完了
 9. 却下

またデフォルト値に"1. 発案"を設定します。



一旦以上でフォームを保存して閉じ、現在の文書を編集し、「進捗」を記入しておきます。

つづいて「進捗別|status」という新規ビューを作成します。
今回はカテゴリ別のビューのさらに上位に進捗を追加しますので、「コピー元」に「カテゴリ別」を選択します。



一番左に列を追加し、
 フィールド:status
 列幅:1
 展開できる行に三角アイコンを表示する:チェック
 ソート:昇順、カテゴリ別

を設定し、保存します。



次にこのビューを選択できるように表示するための設定を行います。

設計を見ると、IBM Notes クライアントで開いた際には、「MainFrameset」というフレームセットが開くようになっています。



それではMainFramesetを見てみると、この左側のメニュー部分に「進捗別」が追加される必要があります。
フレームのプロパティを確認すると、「Outline Page」というページが表示されています。



ということで、Outline Pageを見ると、「DiscOutline」というアウトラインが埋め込まれていることがわかります。



それではこの「DiscOutline」に「進捗別」を追加してみましょう。

ユーザー名の別名別の下に「新規エントリ」を追加し、
 ラベル: 進捗別
 種類: 名前付き設計要素/ビュー
 値: 進捗別

を設定し、保存して閉じます。

以上で、IBM Notesでアプリケーションを開くと、メニューには「進捗別」が追加され



そちらをクリックすると、「進捗別ビュー」が表示できるようになりました。



本来であれば、WEB用の修正なども行うべきではありますが、当アプリケーションについてはNotesクライアントからのみの利用を想定しておりますので、こちらで完了とさせて頂きます。

内容不十分な点や、玄人の方から見ると、まだまだな点もあるかと思いますが、まずは""初歩レベルのカスタマイズということで、ご了承ください。

もし今後も1カテゴリを追加したアプリケーションを作成することがあるようでしたら、こちらを「テンプレート化」しておくと、次回から簡単に新規アプリケーションが立ち上げられます。
「テンプレート化」については、改めて掲載させていただきます。

なお過去の記事でまだ触れていない「フレーム」や「フレームセット」、「アウトライン」という表現がございますが、「名刺管理」では次回以降に要素を追加致しますので、ご了承ください。

先般のオープンセミナーでも少し述べましたが、この作業(約30分)を行うだけで、アプリケーションの利用価値は大きく変化します。
ぜひお試しください。


ということで、今回飛ばしました名刺管理の続きは、次回実施予定です。

2016年11月19日土曜日

ノーツ・しこく・フェスタ 2016(.nsf 2016) レポ

皆様、こんにちは!!
梅の萩原です!! 

またまた前回の告知とは異なりますが、昨日行われましたノーツ・しこく・フェスタ 2016に関するレポートを書かせていただきます。 そもそもFBに簡単に書こうと考えていたのですが、ちょっと勿体無いなぁと欲が出てしまったというのが本音です(汗

そもそも神戸からなぜ高松まで出かけたのかから・・・。


  1. 豪華なスピーカーが勢揃い!!
  2. 内容が濃い!!
  3. 高松なんてしばらく行ってない
  4. 神戸からだと、交通費が5000円!
  5. うどんが食いたい
  6. 去年のFBレポが楽しすぎ!!
先週に東京のオープンセミナーに会社から参加させていただきましたので、今回は休暇+自腹での参加ですが・・・。
とにかく6項目すべてに大満足でした。

確かに関西からですとそれほど離れていないということもあるのですが、全く「アウェイ感」がなく、地元の方々ともすぐに打ち解けて情報交換ができました。

セミナーの内容ですが、IBM H様のワークショップでスタート!
私は特に待ち合わせたわけではありませんが、大阪研のh様と一緒に座らせて頂きました。

で・・・最初のお題!

「30秒で右隣の人の似顔絵を描く」・・・・!!!!

なんとh様の似顔絵を描くことに・・・。

そもそも絵心のない私が、尊敬しているh様の似顔絵なんて・・・。
って、30秒に急かされてかなり失礼なしあがりになってしまいました。

もっとも絵の上手下手は全く関係ないのは予想されたのですが・・・。
しかしながらこの30秒は初めての方々との敷居を下げてくれました。

午後からもAI、IoTを中心に本当に充実した時間となりました。
bluemixのメンテナンスがあり、一部トラブルもありましたが、それも含めて大満足な内容でした。

詳しくは・・・。
できれば発表資料を公開いただけると嬉しい限りです。

最後にもH様が講演頂いたのですが、ラストに「2%」の話し。

このようなセミナーで得た情報も、いざ勤務に戻ると2%しか実施されないとか。

確かに私自身、しばらく前まではそうだったのですが、先般の大阪研でP様が付箋をメモ代わりにしているという話を聞き、それ以降3色の付箋を持ち歩いてメモに使っています。
色は優先度を直感で分けています。

会社にもどり、すべての付箋を机に並べて、レポートの作成と試したいことの確認を行ってます。
もちろんすべてはできないのは事実ですが、できなくてもできていないものとしてリストして残しています。
なんとか2%に残れてるのかな。

さて終了後の懇親会。
近くのお店だったのですが、まず最初に驚いたのが、この費用で飲み放題のビールがプレミアムモ○ツ!!
料理も地元料理なども織り交ぜられており、大満足!!

料理だけでなく、多くの方々との交流や情報交換はオフィシャルではできない、貴重な時間となりました。
もちろん雰囲気もサイコー。

来年はじゃんけん大会でconnect招待とか・・・!
みなさま、今から予定空けておいてくださいね。(もっとも日程決まってませんが)

ちなみに個人的には0泊3日の弾丸ツアーとなりました。
木曜の23時過ぎに自宅を出発し、金曜1:00のジャンボフェリーで高松入り。
Macで朝食と朝のルーチン業務を行い、参加。
お昼に念願のうどん。
懇親会終了後、駅前の売店で自宅と職場向けにお土産・・・
職場に醤油豆はどうかと思い、結局「一六タルト」に・・・!!?
その後、土曜1:00のフェリーで自宅には6:15着となりました。

さすがにそのまま昼まで寝てましたが・・・。

※上記激安ルートが「梅コース」です。ちなみに「竹コース」は高速バス、「松コース」はJRです

正直なところ、梅コースはお薦めしませんが、来年は梅コース+現地一泊で土曜のうどんツアー参加を企んでおります。

以上、まとまりのない文章にて失礼致しました。
ブログを書くつもりもなかったので、写真も皆無なのですが、他の皆様が公開されておりますFB等で雰囲気を見ていただければ幸いです。

とにかく本当に参加してよかった。今まで色々と参加していますが、ダントツ一番のイベントでした!!

来年も楽しみにしてます!

2016年11月15日火曜日

【第9回】ノーツアプリ作成~アクションの作成~

皆様、こんにちは!!
先週はせっかくのオープンセミナーをレポートと考えておりましたが、ひとりでアップアップしてしまい、十分な報告ができず、申し訳ありませんでした。

今週のノーツ・しこく・フェスタ 2016 - 人工知能(AI) × IoT × クラウド活用術は、余裕をもってレポートできればいいのですが、やはり楽しみすぎて夢中になってしまうような気がしてなりません(汗

さて本題のノーツアプリ作成ですが、今回は【アクション】を作成してみたいと思います。

【アクション】とは通り、何かを実行するような機能になります。

ノーツの場合、メニューバーの【アクション】や、【アクションバー】と呼ばれる上部のスペースにボタンを配置し、実行することが可能です。

そもそもデフォルトで【システムアクション】と呼ばれる主なアクションは準備されており、呼び出すと下記のように表示されます。


もちろんこちらを使ってもいいのですが、今回はあえて主な【アクション】を作成してみたいと思います。

なおアクションの作成する場所ですが、フォームやビューの「アクションペイン」と呼ばれる下記


に直接作成することも可能ですが(表示されていない場合は、[表示]-[アクションペイン]をクリック)、主なアクションは複数のフォームやビューで使用されるため、【共有アクション】というものを作成し、必要な要素に呼び出すことにします。

まずナビゲーター内の[コード]-[共有アクション]を開きます。


上部の【新規共有アクション】ボタンをクリックし、開いたダイアログの名前に【新規作成】と入力し、【OK】してください。


中央部の式には

@Command([Compose];"mainForm")

と記載します。
式の内容としては、「メインフォーム」で新規文書を作成するというものになります。


続いて【共有アクションのプロパティ】を開き表示の
・アクションバーにアクションを含む
・アクションメニューにアクションを含む

がチェックされていることを確認します。

今回はアイコンも設定しますので、アイコンで【Notes】を選択し、中央部分で好みのアイコンを選択してください。


同じように【印刷】
@Command([FilePrint])


【終了】
@Command([FileCloseWindow])


【編集】
@Command([EditDocument])


【戻る】・・・コマンド式は先の【終了】と同じ
@Command([FileCloseWindow])


【保存】
@Command([FileSave]);
@Command([FileCloseWindow])

※コマンド式を続ける場合は、";"で区切り、改行を入れると見やすくなります。



以上を作成します。

以下のように共有アクションが完成しました。



続いて作成した共有アクションをフォームとビューに埋め込みます。

まず「メインフォーム」を開き、アクションペイン上で右クリックし、「共有アクションの挿入」をクリックします。

以下のようなダイアログが表示されますので、【印刷】【編集】【保存】【戻る】を選択し、[挿入]-[終了]とクリックしてください。


以下のように、指定したアクションがアクションペインに表示されます。


フォームを保存して閉じ、続いて「カテゴリ別」ビューにもアクションを埋め込みます。
埋め込むアクションは、【印刷】【終了】【新規作成】【編集】です。
ビューを保存して閉じてください。

同様に「氏名カナ順」にも【印刷】【終了】【新規作成】【編集】を埋め込んでください。

それではプレビューで動きを確認してみましょう。

「氏名カナ順」をIBM Notesでプリビューしてみます。

下記のように上部にアクションが表示されるようになりました。
※アクションメニュー内にも同じアクションが存在することを確認してください。


それでは各ボタンの動きを確認してみましょう。

【新規作成】ボタンでは「メインメニュー」が新規作成モードで開きます。
【印刷】ボタンでは、「印刷」ダイアログが表示。
【終了】ボタンで、アプリケーションが閉じます。
【編集】ボタンについては、▲で畳まれいる文書を開き、1文書が選択された状態でクリックすると、選択された文書が編集可能状態で開きます。

フォームの【戻る】ボタンは前のビュー画面に戻ります。
【保存】ボタンは新規作成したり、編集した内容を保存し、前のビュー画面に戻ります。


以上、少し長くなりましたが、今回は主なアクションを【共有アクション】として作成し、フォームやビューに呼び出す設定を行ってみました。

アクションについては、まだまださまざまな機能が実装可能です。
また見栄えや表示設定なども考慮すべきですので、後日改めて説明させて頂きます。


さて次回は、ある程度形ができてきましたので、アウトラインを使ったメニューや、そのメニューを使ったフレームセットでレイアウトを整えてみます。


長文にお付き合い、ありがとうございました!!

2016年11月11日金曜日

ノーツコンソーシアム オープンセミナー(2016/11/9)

皆様、こんにちは!!

11月に入り、さまざまなイベントで本業がおろそかになりそうな勢いです。

さて今回は9日に開催されましたノーツコンソーシアム オープンセミナーについてのレポートをと予定していたのですが、完全に舞い上がってしまい、写真すら撮り忘れた次第です。

・・・申し訳ありません。


ということで、関連するサイト等へのリンクを掲載させて頂きます。

まず資料公開サイトですが、

http://www.notescons.gr.jp/confapps/merged.nsf/

ログインが必要となりますので、ご注意ください。


ソーシャルのリンクです。
当日は#notescons を使用した投稿が呼びかけられておりました。

FB
https://www.facebook.com/hashtag/notescons?source=feed_text&story_id=1287791077910999

Twitter
https://twitter.com/search?q=%23notescons&src=typd


さて個人的な感想ですが、一番インパクトあったのが、サイネージです。
LIVENESS Rooms with OnTime による会議室入り口の案内には驚きでした。


弊社ではそれほど会議室管理には困っていないのですが、使いたい!!と思う製品でした。

セミナーですが、発表される皆様のノーツへの熱い思いが突き刺さるようなものばかりでした。
今回はハンズオンには参加できませんでしたが、いずれも大盛況だったようです。


終了後の懇親会も、会場の熱気で、暑い暑い。

Notes OK!! の証拠写真もFBにアップされ(すいません、参加者しか理解できないと思います)、今後にも多いに期待されるものとなりました。

当日は神戸まで帰らなければなりませんでしたので、二次会以降は失礼させていただきましたが、会場の熱気のせいで、外の寒いこと!!

とにかく私にとっては収穫の多い1日となりました。

皆様、ほんとうにありがとうございます。


さて本日の午後は大阪研究会+忘年会です。

また来週はノーツ・しこく・フェスタ 2016

まだまだ熱いイベントが続きます!!


さて次回ですが、まだ内容を決めきれておりませんので、現時点では差し控えさて頂きます。
ご了承ください。

※今回の掲載について、リンク等各所承諾を得ずに掲載してあるものがございます。
もし問題ございまたら、至急修正致しますので、ご連絡ください。